岸信千世の家族構成!結婚して妻がいる?弟はエリートサラリーマン!

ニュース

岸信夫元防衛大臣が政界を引退。

その岸信夫の長男である『岸信千世』が2023年4月、補欠選挙に出馬する意向を固めました。

そこで今回は、『岸信千世』の家族についてまとめます。

内容は以下の通り。

・岸信千世の家族構成を解説
・父親は岸信夫元防衛大臣
・母親は岸智香子
・岸信千世は結婚している?妻はいるのか?弟はエリートサラリーマン!
・弟は三井物産勤務のサラリーマン

順番に解説していきます。

岸信千世の家族構成を解説

まず、『岸信千世』の家族構成をまとめます。

家族構成は以下の通り。

父:岸信夫(きしのぶお)元防衛大臣

母:岸智香子(きしちかこ)

長男:岸信千世(きしのぶちよ)本人

弟:岸智弘(きしともひろ)

以上が岸信千世の家族構成です。

また岸信千世の家系をまとめると、以下の通りになります。

曾祖伯父:佐藤栄作(元首相)

曽祖父:岸信介(元首相)

祖父:安倍晋太郎(元外務大臣)

伯父:安倍晋三(元首相)

父:岸信夫(元防衛大臣)

岸信千世の家系図をこうしてまとめてみると、総理大臣経験者が3人もいることがわかります。

父親は岸信夫元防衛大臣

岸信夫はみなさんもご存知、『安倍晋三元総理』の実弟にあたります。

ではなぜ名字が『安倍』ではなく『岸』なのか?

それは生まれて間もないころ『岸家』の養子に出されたからです。

『岸家』には子どもがいなく安倍家の3人目の子どもが男だった場合に、岸家の養子になることが決められていました。

信夫自身は自分が『岸家』の養子だとも、兄が『晋三』であることも知らずに育ったとされています。

また、岸信夫の学歴は以下の通り。

・松濤幼稚園
・慶應義塾幼稚舎
・慶應義塾普通部
・慶應義塾高校
・慶應義塾大学経済学部

慶應義塾大学を卒業した後、住友商事に入社。

住友商事は1981年4月~2002年8月まで勤めました。

信夫自身は、「食料調達のため世界中を飛び回った商社マンであった」と回顧しています。

母親は岸智香子

次に母親の『岸智香子(きしちかこ)』

岸智香子は岸信夫と結婚する前、住友商事に勤めていたキャリアウーマンでした。

夫の岸信夫も1981年4月から2002年8月まで、21年間を住友商事で勤めています。

同じ会社に勤めていたのがきっかけで、結婚されたのでしょうね。

趣味は『書道』だそうで、その腕前は書店に出店されるほど。

岸信夫が政界を引退したときはその経緯を後援会に説明し、夫を陰ながら支えてきました。

岸信千世は結婚している?妻はいるのか?弟はエリートサラリーマン!

結論を先にお伝えすると、岸信千世は現在結婚しておらず妻いません。

その理由として考えられるのは、岸信千世の前職の職場環境では彼女をつくることが難しかったからでしょう。

岸信千世の前職は『フジテレビ記者』です。

事実として、平成26年~令和2年までフジテレビの記者として勤務。

実際に岸信千世はフジテレビ時代を振り返って、下記のような発言をしています。

警視庁担当だった頃は夜討ち朝駆け取材は当たり前で、体力には自信があったが、あまりの寝不足で弱音を吐きそうだった

この発言から推測すると、記者の仕事は不規則なためプライベートの時間確保がむずかしいと考えました。

さらに岸信千世は防災担当、気象庁といった全国を飛び回るような担当記者も務めていた過去があります。

このように忙しい環境ではプライベートの時間確保がむずかしく、彼女をつくる時間もなさそうですね。

また岸信千世と付き合うとなれば、『岸一族』という重い看板を背負うことになります。

その重い看板を背負う相手側の気持ちを考えれば、かなりのプレッシャーになり結婚に至るまでには難しいのではないでしょうか。

弟は三井物産勤務のサラリーマン

父:岸信夫、兄:岸信千世は政治家ですが弟の岸智弘は政治家の道へ進むことはなく、大手商社のサラリーマンとして勤務しています。

岸智弘は1993年生まれで、兄の岸信千世とは2歳差。

岸智弘は、兄の岸信千世と同じ学歴(慶応大学)です。

大学時代は卓球部に所属しており、同じ部活メンバーで楽しく過ごしていたようです。

そして2015年には大学を卒業して、三井不動産に就職。

慶応大学→三井不動産への就職は王道ルートだそうです。

引用元:日刊ひといき

あの三井不動産といえば『ららぽーと』『三井アウトレット』でおなじみの大企業です。

そして三井不動産の平均年収を調べたところ1274万円と、かなりの高給取りです。

ちなみに、兄:岸信千世は『フジテレビ』に就職し、父:岸信夫は『住友商事』勤務していた経験があります。

『岸家』は慶応ブランドの強みを活かして、大手企業に就職していることがわかります。

補足として、父:信夫、兄:信千世と岸家では『信』という文字が名前に使われます。

しかし弟の岸智弘には『信』という文字がありません。

その理由は、岸家では『信』という文字は家督を継ぐ長男につける決まりがあるからです。

そのため、弟の岸智弘には『信』という文字が付けらていません。

まとめ:岸信千世の家族構成を解説

今年の4月に補欠選挙に出馬の意向を固めた『岸信千世』の家族構成や経歴などについてお伝えしました。

内容をまとめると以下の通り。

  • 父:岸信夫(きしのぶお)
  • 母:岸智香子(きしちかこ)
  • 弟:岸智弘(きしともひろ)

岸信千世は4人家族です。

また岸信千世の家系をさかのぼってみると、首相経験者が3人もいます。

このことから、政治家系の家庭環境の中で育ってきたことがわかります。

また岸信千世は現在、結婚に至っておりません。

岸信千世の弟『岸智弘』は政治の世界には行かず、三井不動産に就職しています。

岸信千世は4月に補欠選挙に出馬し当選となるか、情報が入り次第またお伝えします。

ニュース