秋篠宮悠仁は偏差値53で国立大学進学は厳しい!大学受験は推薦枠で進学予定か?

ニュース

2023年4月に高校2年生となる秋篠宮悠仁さま。偏差値不足によって大学進学が危ぶまれています。

秋篠宮悠仁さまは2023年現在、筑波大学附属高校に通学されていますが高校進学時も普通受験ではなく「提携校進学制度」という、いわゆる「特別待遇」の制度を活用して進学されたこともあって以前から偏差値がそんなに高くないことを噂されていました。

秋篠宮悠仁さまって実際のところ賢いのかな?

大学はどこに進学するんだろう?

こんな疑問を持った方に向けて、この記事でまとめました。

この記事でわかること
  • 秋篠宮悠仁さまの偏差値について
  • 秋篠宮悠仁さまが普通受験では国立大学への進学が難しい理由
  • 秋篠宮悠仁さまの大学進学は「総合型選抜(旧AO入試)」が濃厚な理由

最後までごゆっくりごらんください。

秋篠宮悠仁は偏差値53で国立大学進学は厳しい!

2023年の4月から高校2年生になる秋篠宮悠仁さまの偏差値は、過去に在籍されていた「お茶の水女子大学付属中学校」が公表している男子偏差値の53ぐらいだと考えられます。

お茶の水付属中学校

秋篠宮悠仁さまは現在、筑波大学附属高校(偏差値67)に通学されていますが、普通受験で入学したわけではないので、偏差値が足りているのか疑問視されています。

秋篠宮悠仁さまは高校入学にあたって国立大学への進学を目指していたようですが、国立大学のエリートである東大(偏差値84)一橋大(偏差値80)に進学は次の理由から厳しいと噂されています。

秋篠宮悠仁さまがエリート国立大学への進学が厳しい理由
  • 高校も普通受験ではなく「提携校進学制度」で進学したから
  • 筑波大学附属高校の授業についていけてないから

高校も普通受験ではなく「提携校進学制度」で進学

秋篠宮悠仁さまが偏差値53のお茶の水女子大学付属中学校から偏差値78の筑波大学附属高校(偏差値67)に入学できたのは「推薦校進学制度」を利用したからです。

お茶の水女子大学附属中学校

秋篠宮悠仁さまが通学していた「お茶の水女子大学附属中学校」は高校から女性のみの学校になるため、他校への進学を検討しなくてはなりませんでした。

そこで秋篠宮悠仁さまは普通受験ではなく「提携校進学制度」によって「筑波大学附属高校」に合格し、進学されました。

提携校進学制度は「選考基準や過程が不透明」とされており、偏差値が足りないであろうお茶の水大学附属中学校に通学されている秋篠宮悠仁さまが合格したのは「特別扱いではないか」という批判もあったようです。

秋篠宮悠仁さまの学力が十分に足りているのであれば、普通受験を受けたら良いので「特別扱い」と噂されても仕方が無い気がしますね。

筑波大学付属高校の授業についていけてない

筑波大学附属高等学校

「提携校進学制度」によって筑波大学付属高校に進学された秋篠宮悠仁さまは、授業についていけてないようです。

「入学前から『筑附にはハイレベルな生徒が集まっている』などと心配する声がありました。実際、悠仁さま自身が想定されていたようにははかどってはいないようです」

引用:yahooニュースより皇室ジャーナリストのコメント

偏差値67の筑波大学附属高校の授業についていけてない秋篠宮悠仁さまが、国立大学のエリートである東大(84)一橋大(80)に進学するのは難しいと考えざるを得ないでしょう。

提携校進学制度は偏差値が足りない秋篠宮悠仁に用意された制度か

筑波大学附属高校に進学する秋篠宮悠仁さま

秋篠宮悠仁さまが筑波大学附属高校に進学するときに利用した「提携校進学制度」は秋篠宮悠仁さまが利用するために作られた制度ではないか?と噂されています。

提携校進学制度が秋篠宮悠仁さま専用の制度と噂される理由
  • 試験内容がはっきりとされていないから
  • 秋篠宮悠仁さまが高校進学を決める2022年までの制度だから
  • お茶の水女子大付属中学校と筑波大学附属高校のみ適用される制度だから

秋篠宮悠仁さまが通学されているお茶の水女子大付属中学と筑波大学附属高校にしか適用されず、高校入学される2022年までの制度であれば、偶然にしては出来すぎているので「秋篠宮悠仁さまの為に作られた制度」と噂されても仕方がない気がしますね。

秋篠宮悠仁が国立大学へ進学するには「推薦枠」しかない

東京大学

秋篠宮悠仁さまが希望している国立大学へ進学するには、偏差値が足りていないと予想されるので「推薦枠」で受験するしかないと考えられます。

秋篠宮悠仁さまが希望してるとされる、東京大学(偏差値84)や一橋大学(偏差値80)は推薦入学する選択肢として総合型選抜(旧AO入試)を実施しています。

総合型選抜(旧AO入試)とは

総合型選抜は普通受験と違って学力による選考は無く、高等学校での成績や小論文、面接などで入学の可否を判断する制度のこと。

総合型選抜は芸能人が利用することも多いため「学力が無くても有名人であれば入れる」と批判されることもしばしば。

高校受験の際に普通受験ではなく「提携校進学制度」を利用された秋篠宮悠仁さんは、国立大学も総合型選抜で進学されることは十分に考えられるでしょう。

まとめ

秋篠宮悠仁は偏差値53で国立大学進学は厳しい!大学受験は推薦枠で進学予定か?についてまとめました。

秋篠宮悠仁さまは偏差値53のお茶の水女子大学附属中学校から「提携校進学制度」を利用し、偏差値67の筑波大学附属高等学校に進学されました。

一般受験で筑波大学附属高等学校に進学していない秋篠宮悠仁さまは、授業についていけてないことから国立大学へ進学するための偏差値が足りていないと予想できます。

秋篠宮悠仁さまは2024年の大学受験の際、一般受験をされるのか総合型選抜(旧AO入試)を利用されるのか続報を待ちたいと思います。

ニュース