ENEOS会長性加害現場は沖縄松山の高級クラブはどこ!銀座との違いは?

 

2022年9月21日デイリー新潮により、エネオス杉森会長の電撃辞任の理由が性加害であるという記事が出ました。

エネオスの杉森前会長は8月12日「一身上の都合」として会長を電撃辞任したことで話題になっていました。

今回、性加害の現場となったのは沖縄県那覇市の中心部にある歓楽街・松山の高級クラブと報じられています。

この記事では、ENEOS会長性加害現場は沖縄松山の高級クラブの場所を紹介していきます。どうぞごゆっくりご覧ください。

ENEOS会長性加害現場は沖縄松山の高級クラブはどこ!

日本の高級クラブといえば、銀座が有名ですが沖縄の那覇市の松山にも有名な高級クラブがたくさんあります。

松山は沖縄の那覇市に位置します。

松山には高級クラブが10件ほどありますが、ENEOS会長の性加害のあった現場の高級クラブについては特定することができませんでした。

松山のどこかのお店で事件があったということまでしか分かりませんでした。

ENEOS会長性加害現場の沖縄高級クラブと銀座高級クラブの違い

高級クラブと聞くと銀座のイメージが強いですが違いはあるのでしょうか。

松山のクラブは銀座に比べると圧倒的に店舗数も少ないですが、有名人御用達の高級クラブというものも存在するようで、銀座と同じような高級感のところも多いようです。

東京や大阪から遊びにくる方も多く、いつも以上にはめを外して遊んでいるのでしょう。

ENEOS会長は高級クラブで接待されてた?

デイリー新調によると、ENEOS杉森会長は高級クラブで沖縄の得意先である石油販売会社の幹部に接待を受けていたそうです。

つまり、ENEOS会長がもてなされる側で、ゆっくりと時間が流れる沖縄の地で思いっきりはめを外していたのだと思います。

まとめ

ENEOS会長性加害現場は沖縄松山の高級クラブはどこ!銀座との違いは?

についてまとめました。

香川照之さんを越えるゲスさで驚きました。

[the_ad id=”451″]

 

ニュース
oya-pri.com